遊戯王・オリカとかとか
プロフィール

荒井熊吉

Author:荒井熊吉
遊戯王自作イラストオリカの製作過程たれ流しと、趣味のデッキ構築のブログです。

コメントをいただけるのは嬉しいのですが、荒らしは勿論、一行だけのコメントやただの文句、ハンドルネーム無記入、個人が特定できないハンドルネームでの書き込み等もご遠慮ください。
該当コメントに関しては独断で削除させていただきますので、最低限の礼儀は守って書き込んでくださいね。

リンクフリーですが連絡をいただけたらもちろん嬉しいです。
mail:o-arai(あっとまーく)hotmail.co.jp



FC2カウンター



いろいろ

本サイト




Twitter





最新コメント



最新トラックバック



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
拍手する

早速ネタバラシ
既にお気づきの方も多いですが、前の記事は当然ウソです。
部外秘の情報とか堂々と載せないよ、と(笑)
いやぁ…コメントしづらかった事と言ったら…。
冒頭の「問屋~」に貼ってあるリンクへ飛んでいただければ一発なのですが、それ以外にもダウト部分をいくつか入れておきました。
ウソ記事は、良く読めば分かるようにするのが好みなのです。

ウソ1
融合モンスター入れてるのに40枚はないですよねー(笑)
というか、ロード・オブ・マジシャンの仕様書そのまま流用しました。

ウソ2
結城王です。
誰やねん、と。
まあそもそもクレイ・ガードマンがメインに来るわけも無いのです(爆死)
そこが一番のダウト部分だったりして(泣)

クレイガードマンカードup
でも一応、キチンと絵を描いてみたりしました。
あー…まあ、ツブれるのが前提だったので1時間くらいでパッと描いてしまったので、線がガタガタだったり若干アレな感じですが…その辺は目をつぶっていただいて(死)
資料が少ないので細部はかなりテキトーな上に盾のデザインが違ってたりしますが、もういいやと放置。
身体のバランスだけ好みに調整してみたりしましたが(笑)
テキストは、突然変異が使えないので「魔法ならなんでも」にしてしまいました。
ウッハ、強すぎる(死)

正解、というかツッこんでくれた方は7名ほどいらっしゃいました。
付き合っていただいてありがとうございました。
本気で信じてしまった方、ごめんなさい。
スポンサーサイト
 
拍手する

テーマ:遊戯王OCG - ジャンル:ゲーム


新ストラクチャーデッキ「ヒーローズリボーン」
問屋経由の最新情報をゲットしました!
なんとE・HEROのストラクチャーデッキ「ヒーローズリボーン」の発売が決定しました。
本当は部外秘なのですが、載せてしまいます(笑)
くれいがーどまんちらし
絶版のHEROというと、やはりネクロダークマンは外せません。
そしてオーシャン、フォレストマン等のPP収録のマンガ系HEROに…プリズマーでしょうか(ガクガクブルブル)

itemCG1080p2_1[1]
新カードはE・HEROクレイ・ガードマン
バブルマン・ネオと同様に突然変異でクレイマンがHEROです。

クレイガードマン
TURN- 53 「運命のはじまり エド・フェニックス」にだけ登場した、カード化の機会に恵まれなかったHEROです。
召喚時、相手の場のカードの数x200のダメージを与える効果を持っていました。

突然変異が禁止カードである以上、バブルマンネオとは違う特殊召喚の条件があるはずですね。
くれいがーどまんアップ
アップにしても、残念ながらテキストまでは確認出来ません。

続報を待ちましょう。
 
拍手する

テーマ:遊戯王OCG - ジャンル:ゲーム


海外のデッキ紹介
metagame.comの記事で、デッキが紹介されていました。
海外のデッキ傾向を知る為にも、レシピを検討してみようと思います。

Chris Taporcoの使用デッキ(Shonen Jump Championship Charlotteにて)

モンスター20枚
2 ダーク・アームド・ドラゴン
3 D-HEROディアボリックガイ
3 D-HEROダッシュガイ
2 人造人間サイコショッカー
3 ダーク・グレファー
1 闇王プロメティス
1 E・HEROエアーマン
1 クリッター
1 D-HEROデビルガイ
2 クレボンス
1 魂を削る死霊

魔法・罠20枚
3 闇の誘惑
3 デステニードロー
2 緊急テレポート
3 増援
1 大嵐
1 サイクロン
1 死者蘇生
1 洗脳-ブレインコントロール
1 激流葬
3 鳳翼の爆風
1 死のデッキ破壊ウィルス


一見緊テレシンクロダムドのように見えますが…じつは隠れたメインモンスター、ダッシュガイを重要視している構成になっています。
ダッシュガイ
解説によると、緊テレダムドがあちらでは流行っていて、神の宣告が当然のように入っています。
ですがこのデッキではそれを抜いて、メインの召喚手段としてダッシュガイを使用しています。
これはダムドデッキ同士のミラーマッチを意識したもののようです。

あちらでは日本よりも早く闇の誘惑が出た為、一時期闇系デッキ全盛だったようです。
そういった経緯があって、このタイプのデッキの人気が根強いのだと思われます。

合計9枚もの豊富なドロー、サーチ魔法からエアーマン、ダーク・グレファーを召喚して、墓地にダッシュガイを落とし、デッキを圧縮し、サイコショッカー、ディアボリックガイを特殊召喚します。
この方法であれば、サイコショッカーはほとんどの罠をすり抜けて確実に召喚できますね。
ディアボリックガイは、もちろんシンクロ召喚用ですが、サイコショッカーが手札に来ていればリリース要員としてもOKです。
サコショッカー
あちらで出回っている、画一的なコピーデッキの緊テレシンクロダムドに対抗する事が可能な、緊テレシンクロダムドメタの緊テレシンクロダムドなのですね(ややこしい)

また、闇王プロメティスを使用してダーク・アームド・ドラゴンの召喚サポートも行えるようになっています。
プロメティス
墓地の闇属性モンスターを好きな枚数除外できるので、3枚にあわせる事が可能です。
もちろん後半になればなるほど墓地にはモンスターが溜まっていくので、7体除外して攻撃力4000というのも普通にありそうで、これ単体でゲームエンドも狙える能力があります。

同じく1枚入れのデビルガイですが…記事内でも触れられてはおらず、明確な用途は不明です。
シンクロ対策という事で考えれば、スターダスト対策…かなぁ。
もしくは相手が早いターンで展開した時の足止めかもしれませんね。
ほとんどの場合、デステニードローと闇の誘惑のコストに消えてしまうとは思いますが(苦笑)

また鳳翼の爆風はミラーマッチの時に、相手がシンクロ召喚の為に出したディアボリックガイをデッキトップに戻す等の嫌がらせにも使用するそうです(笑)
それ、いやだなぁ…。

緊急テレポート2、クレボンス2のバランスも注目したい所です。
日本では緊急テレポート3、クレボンス3、サイコ・コマンダー1って感じのデッキを良く見ますが、これもやはり大量のドロー・サーチに任せてのチョイスという事なのでしょうか。

日本では激流葬よりも聖なるバリア-ミラー・フォースを重視しがちですが…より攻撃的に、シンクロモンスターをメタったと言う事でしょうか。

豊富なドロー・サーチカードを活かして、1ターン目から手札を大回転させてしまうそうです。
一度押されるとリカバリーに困りそうではありますが…(苦笑)
手札アドバンテージが重視されがちな日本とは、また違った構築感があるのですね。

ちなみに荒井なら…そうですね、ゾンビキャリアを入れてダッシュガイからのサイコショッカー召喚をやりやすくして…あとマテリアルドr(略
 
拍手する

テーマ:遊戯王OCG - ジャンル:ゲーム


英語版Crossroads of Chaos日本未発売カードその2
20081107011514[1]
Night's End Sorcerer
スーパーレア

相手の墓地のカードを除外する効果は、今の環境では強力です。
ディメンション・マジックやマジシャンズサークルで特殊召喚するにはもったいないですが、エンジェル・リフトを入れるとそこそこでしょうか?
ですがレベル4のフレムベル・マジカル、魔力カウンターが乗るマジカルフィシアリストと比べると、いまひとつ感がありますね…。
イラストが良いだけに、ちょっと残念な性能です。
カード名はそのまま読むと「ナイツエンド」なのですが、おそらくそうはならないと思って「ナイトエンド」にしてみました。

ライジン
Rai-Jin
スーパーレア

サーチしづらい攻撃力?で微妙な攻撃力アップテキストを持った光属性モンスター。
毎ターン光属性モンスターを破壊していくのが痛すぎるので、うまく使うのは難しいですね…。
ライトロードデッキでトドメの攻撃力上昇用?
…それでも微妙か。
イラストはアメコミチックで好みなのですが…。

ライメイ
Rai-Jin
スーパーレア

ライジンとコンビ的な立場であろうモンスターですが…まったく噛み合ってはいません(死)
単体ではライコウあたりをサーチできるので良いのですが、せっかくの光属性なのにそのテキストはライオウともかみ合っていないのが残念。
これまたライトロード用?
…電池メンデッキ用?(笑)
[続きを読む]  
拍手する

テーマ:遊戯王OCG - ジャンル:ゲーム


チェーンシンクロデッキ
フリプレ用にC・リペアラーとC・コイルをメインにしたシンクロデッキを作ってみました。
メインデッキのモンスターは出来るだけ安く仕上げるのが目的です。

モンスター19枚
3 C・リペアラー
3 C・コイル
3 C・シューター
3 ターボシンクロン
2 金華猫
2 謎の傀儡師
1 N・グランモール
2 氷帝メビウス

魔法・罠21枚
2 簡易融合
2 生還の宝札
2 強者の苦痛
3 増援
1 大嵐
1 サイクロン
1 死者蘇生
2 エンペラー・オーダー
2 エンジェル・リフト
3 リミット・リバース
1 聖なるバリア-ミラーフォース
1 激流葬

エクストラデッキ
1 4レベル融合モンスター
2 5レベル融合モンスター
1 3レベル融合モンスター
2 スターダスト・ドラゴン
1 レッド・デーモンズ・ドラゴン
1 ブラック・ローズ・ドラゴン
2 サイコ・ヘルストランサー
1 ゴヨウ・ガーディアン
1 氷結界の龍ブリューナク
1 C・ドラゴン
1 マジカル・アンドロイド
1 X-セイバー ウェイン


簡易融合で合うレベルのモンスターとシンクロするのがメインコンボで、C・リペアラーの効果でC・コイルを特殊召喚して7レベルシンクロが出来たり、金華猫でターボシンクロンを特殊召喚して1レベルずつシンクロレベルを上げてみたり(笑)とシンクロ召喚をしまくる構成になっています。

エンペラー・オーダー+謎の傀儡師、金華猫のコンボと、生還の宝札+C・リペアラー、金華猫、蘇生罠のコンボでドローをしまくれます。
全体的に貧弱なので強者の苦痛、伏せカード対策に氷帝メビウスを入れました。

増援、エンジェル・リフト、リミット・リバースに対応しているジュッテ・ナイトを入れたいのですが…ドローに丁度良い金華猫とターボシンクロンをはずさないといけないのがちょっとツラいのです(苦笑)
ジャンクシンクロンにしても良いかとは思うのですが、3レベルで攻撃力1000を越えている為に躊躇しています。

最初王虎ワンフーとエンペラー・オーダーのコンボも考えていたのですが、エンペラー・オーダーが出ていない時が怖すぎるので諦めました(苦笑)

まあ…フリプレ用のデッキですから、それほど煮詰めなくても良いとは思うのですが。
ドローしまくれるのでトラゴエディアを入れても面白いかとは思いましたが、なんとなくモンスターはプロモカードなしのノーマル中心で組んでみたかったのです(笑)

C・リペアラーは墓地蘇生の能力が凶悪ですので、カード資産があまり無い方はぜひ。
 
拍手する

テーマ:遊戯王OCG - ジャンル:ゲーム


HEROデッキ雑感
ガイアを使用して回しているのですが、かなり状況に変化がありました。

・エアーマン、墓地にある融合ヒーローが素材に出来る
 これのおかげでボルテックのような状況を選ぶモンスターも投入可能になりました。
 非常に使い易いです。

・墓地にネクロダークマンを送る手段が増えた
 融合デッキなので、やはり融合が来ない時の展開には難があります。
 ネクロダークマンを墓地に送っておく事で、その時のメインをエッジマンにお願いする事が出来るようになります。
 いままではネクロイドシャーマンかダークブライトマンへの融合しか出来なかった為、あまりラクではありませんでした。
 ですが他の融合への道が開けた事で、より攻撃力の高い融合召喚をしつつ墓地に落とす事が出来るようになったというのはかなり大きい点です。
 一般的には、それほど値ははらないとは言え、ネクロダークマンが現在入手困難になっているのが問題と言えば問題ですね。
 
・フェザーマンの投入とワイルドウィングマンへの融合率
 魔法・罠破壊の使い勝手が良いワイルドウィングマンでしたが、実際の融合はワイルドマンと沼地の魔神王に頼りがちでした。
 融合ヒーローデッキの場合、融合パターンの多いスパークマン、ワイルドマン、エッジマンを中心に組む事になる為、それらと関わりが薄い上に脆弱なフェザーマンは採用しにくいモンスターでした。
 ですがネクロダークマンと同じく融合先が増えた事で、フェザーマンを投入する事に無理がなくなりました。
 まあ1枚ですが…サーチが容易なHEROデッキなので、片方が来ればもう片方をサーチすれば済む訳ですし。
 サーチできない沼地の魔神王を必須融合素材として考えていた為に使用頻度は低かったのですが、これからはエクストラデッキに2枚入れても良さそうです。


ガイアによるデッキの動きの変化はアブソルートZEROが出た後にも同じ事が言えると思われるので、発売前に動きを確認できたのは大きかったと思います。
いける!

 
拍手する

テーマ:遊戯王OCG - ジャンル:ゲーム


英語版Crossroads of Chaos日本未発売カードその1
Crossroads of Chaosの日本版未収録カードの情報がチラホラと出て来ていますが、キチンとしたカード画像がなかなか出て来ないので日本語版を作ってみました。
例によって例のごとく、日本名は荒井の主観に基づいて付けていますので、間違っている物も当然あると思います。
カード名の色はレアリティに準拠しています。

復讐の戦士ローズ
Rose, Warrior of Revenge
スーパー

戦士族のレベル4チューナーというだけで価値は高いです。
召喚僧サモンプリーストが出回るので、日本でも出たら人気のチューナーになりそうです。
戦士の生還に対応しているのが心強いですね。
テキストは、まあオマケで。

テンペスト・マジシャン
Tempest Magician
シークレット

手札を捨てる事で、魔力カウンター増産を経由してダメージに変換できるシンクロモンスター。
今度のマジシャンストラクチャーを見越したテキストだと思われます。
トドメとしても非常に使い易いですし、CRIMSON CRISISに収録のアーカナイト・マジシャン、アーカナイト・マジシャン/バスター、Light of DestructionのMagical Exemplar(日本未発売)あたりの魔力カウンターに絡んだカードとの相性がバッチリです。

オーバードライブ・テレポーター
Overdrive Teleporter
シークレット

またしてもサイキック族の特殊召喚カードです。
しかも2体同時というヒドい事に…。
ライフコストは重いですが、即座に6レベルシンクロにつなげられる事を考えるとかなり凶悪です。
レスキューキャットよりも、呼び出せるモンスター単体の性能が高いのが良いですね。

剣闘獣レティアーリ
Gladiator Beast Retiari
シークレット

微妙な性能の追加が続く剣闘獣ですが、今回もやっぱり微妙です。
除外能力は確かに良いのですが、基本性能が低すぎるので投入は難しいと思われます。
でもシークレット(死)

とりあえず、力尽きたので今回はここまで。
近いうちにまた追加します。
 
拍手する

テーマ:遊戯王OCG - ジャンル:ゲーム




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。