遊戯王・オリカとかとか
プロフィール

荒井熊吉

Author:荒井熊吉
遊戯王自作イラストオリカの製作過程たれ流しと、趣味のデッキ構築のブログです。

コメントをいただけるのは嬉しいのですが、荒らしは勿論、一行だけのコメントやただの文句、ハンドルネーム無記入、個人が特定できないハンドルネームでの書き込み等もご遠慮ください。
該当コメントに関しては独断で削除させていただきますので、最低限の礼儀は守って書き込んでくださいね。

リンクフリーですが連絡をいただけたらもちろん嬉しいです。
mail:o-arai(あっとまーく)hotmail.co.jp



FC2カウンター



いろいろ

本サイト




Twitter





最新コメント



最新トラックバック



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
拍手する

Yu-Gi-Oh! Championship Chicago, Illinoisその1
海外公式で、イリノイ州シカゴで開催されたYu-Gi-Oh! Championship Chicagoの結果が発表になりました。
優勝はインフェルニティを使用したOmar Beldon。
詳しいランキング、トーナメント進出プレイヤーのデッキは公開になっていませんが、分かる範囲で紹介します。

優勝
Omar Beldon(インフェルニティ)
2位
Billy Brake(X-セイバー)
ベスト4
Gary Miotke(X-セイバー)
ベスト8
Agustin Herrera(X-セイバー)
Bobby Chambers(BF)
Jeff Jones(神光の宣告者)
ベスト16
Ben Haynes(オベリスク入りカエル帝)
Dale Bellido(インフェルニティ)
ベスト32
Chris Duff(神光の宣告者)
ベスト16以上
Agustin Herrera(X-セイバー)



参考 初日の最終戦トップの10テーブル内訳(全員が決勝に参加できた訳ではなく、これ以外からも決勝参加者がいます)
6 X-Sabers(X-セイバー)
4 Gladiators(剣闘獣)
3 Infernities(インフェルニティ)
3 Frog Monarchs(カエル帝)
1 Frog FTK(カエル1キル)
1 Herald of Perfection(神光の宣告者)
1 Synchro Cat(猫シンクロ)
1 Blackwings(BF)


BFはかなり少なくなり、いよいよインフェルニティ、X-セイバーが台頭し始めました。
カエルも増えてきて、射出型のFrog FTK(First Turn Kill)も上位に残ったようです。
海外も1キル環境のようで…それにX-セイバーが対抗している感じでしょうか?

そんな環境のせいか、デッキ速度の遅いクイックダンディはやはり消えているようです。
話題になった当初から「日本の環境ではスピードが遅い」と言われていた通り、海外でもThe Shining Darknessの発売に伴って姿を消したようですね。

今回の決勝はインフェルニティvsX-セイバーとなった訳ですが…海外先行X-セイバーの動きには興味を惹かれますが、正直な所インフェルニティのデュエルを見る意味は薄いと判断して決勝レポートの和訳は行いません。
1戦目はゴーズ勝ち、2戦目はワンハンドレッド・ドラゴンでインフェルニティ・ネクロマンサーの効果をコピーして使用し、デーモンを特殊召喚して勝ちといった感じでした。
日本とあまり変わらないシンクロモンスター展開による1キル勝利ですね…。
スポンサーサイト

 
拍手する

テーマ:遊戯王OCG - ジャンル:ゲーム


この記事に対するコメント
個人的に惜しいですね
日本で嫌われてるトリがない海外のインフェル戦略が気になるので

日本はタイミング悪くトリが存在するためデーモンまで悪役扱いですし(地元ではガン、ミラージュさえ制限ならサイドでほぼ抑えれますし)
ハンドアド重視の遊戯王の中でも変り種の面白いデッキなんですがね・・・
【2010/06/21 17:11】 URL | 古い鉄巨人 #- [ 編集]

インフェルニティはやはり強いですか(・・
まぁ、ガンによるあの展開力では当然ですかね
デストロイヤーあれば普通に戦う以外☆8も出しやすくていいですし
これを見る限りXセイバー以外の上位デッキは日本の環境に近づいてきた感じがします

しかしながら・・・オベリスク入りカエル帝?神光の宣告者?
海外特有の日本にはない個性的なデッキも健在なのは嬉しいですww
特に神光の宣告者はこの間のワシントンDCのChampionship Seriesにもいましたね
個人的にけっこうびっくりです
【2010/06/21 21:25】 URL | でるたがん #9wIXYclI [ 編集]

>古い鉄巨人さん
その辺はデッキレシピでご確認ください。
本当に普通のインフェルニティですから、見るべき所はあまりありませんよ。
トリシューラが無い分、先攻でモンスターを展開する事が無いだけで、日本とほぼ同じかなと。

ハンドアドバンテージという点のみを見ると変り種に思えますが、それをフォローできるインフェルニティ・デーモンの存在がハンドアドバンテージを補っている為、実際はアドバンテージが増えています。
結局やる事は他のシンクロデッキとあまり変わりませんしね。

>でるたがんさん
デストロイヤーは読み間違えでした…すみません(汗)

海外の面白いデッキは参考にしたいですよね。
【2010/06/22 12:33】 URL | 荒井 熊吉 #eQkOdXo. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kumaorika.blog39.fc2.com/tb.php/870-766ca4aa



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。