遊戯王・オリカとかとか
プロフィール

荒井熊吉

Author:荒井熊吉
遊戯王自作イラストオリカの製作過程たれ流しと、趣味のデッキ構築のブログです。

コメントをいただけるのは嬉しいのですが、荒らしは勿論、一行だけのコメントやただの文句、ハンドルネーム無記入、個人が特定できないハンドルネームでの書き込み等もご遠慮ください。
該当コメントに関しては独断で削除させていただきますので、最低限の礼儀は守って書き込んでくださいね。

リンクフリーですが連絡をいただけたらもちろん嬉しいです。
mail:o-arai(あっとまーく)hotmail.co.jp



FC2カウンター



いろいろ

本サイト




Twitter





最新コメント



最新トラックバック



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
拍手する

Yu-Gi-Oh! Championship Chicago, Illinoisその2
海外公式で、トップ32のデッキが公開になっていました。
最終的な順位と内訳は以下の通り。

優勝
Omar Beldon(インフェルニティ)
2位
Billy Brake(X-セイバー)
ベスト4
Gary Miotke(X-セイバー)
Andrew Scovern(X-セイバー)
ベスト8
Luis Aldama(剣闘獣)
Bobby Chambers(BF)
Jeff Jones(神光の宣告者)
Augustin Herrera(X-セイバー)
ベスト16
Chris Bryson(剣闘獣)
Fili Luna(X-セイバー)
Sean McCabe(X-セイバー)
Will Erker(X-セイバー)
Ryan Spicer (X-セイバー)
Dale Bellido(インフェルニティ)
Ben Haynes(カエル帝)
Levi Nissen(カエル帝)
ベスト32
William Cadden(剣闘獣)
Carolyn Colajezzi(X-セイバー)
Austin Kulman(X-セイバー)
Nehemias Diaz(X-セイバー)
David Sanville(X-セイバー)
Travis Hilliard(クイックダンディ)
Grant Kelly(カリバーキャット)
Christopher Burrows(インフェルニティ)
Tray Massengale(インフェルニティ)
Lazaro Bellido(インフェルニティ)
William Gonzalez(BF)
Dharmish Patel(カエル1キル)
Andrew Lindskog(神光の宣告者)
Chris Duff(神光の宣告者)
Jae Kim(カエル帝)
Stephen Silverman(マシンナーズ・ガジェット)


トップ32デッキ内訳
12 X-セイバー
5  インフェルニティ
3  神光の宣告者
3  剣闘獣
3  カエル帝
2  BF
1  カリバーキャット(デスカリバーナイト入り猫シンクロ)
1  カエル1キル(マスドライバー型)
1  マシンナーズ・ガジェット
1  クイックダンディ


X-セイバー多すぎる…(大汗)
神光の宣告者はもけもけ、ハッピーラヴァー、神聖なる球体、雲魔物-スモークボールあたりの通常モンスターを多く採用したタイプが2人、モンスターを31枚にしてテテュスで神光の宣告者のコストを確保するタイプが1人でした。
そのうちの1人、トップ8のJeff Jones、トップ32のAndrew Lindskogはメインデッキに逆転の女神を1枚採用しています(笑)
入っている儀式魔法が高等儀式術のみですので、そのための素材としての採用ですが…ビックリです。

優勝デッキを紹介します。
二ヵ月後には死刑宣告が来ると思いますが(苦笑)、日本との差異は面白いですね。

メインデッキ40枚
モンスター14枚

3 インフェルニティ・デーモン
3 インフェルニティ・ビートル
3 インフェルニティ・ネクロマンサー
2 インフェルニティ・ミラージュ
1 インフェルニティ・リベンジャー
2 ダーク・グレファー

魔法11枚
3 インフェルニティガン
2 月の書
1 ハリケーン
1 サイクロン
1 大嵐
1 ワン・フォー・ワン
1 おろかな埋葬
1 増援

トラップ15枚
3 インフェルニティ・インフェルノ
3 Infernity Barrier
2 奈落の落とし穴
2 砂塵の大竜巻
1 強制脱出装置
1 激流葬
1 ダストシュート
1 リビングデッドの呼び声
1 神の宣告

エクストラデッキ15枚
1 キメラテック・フォートレス・ドラゴン
1 ミストウォーム
1 ギガンテック・ファイター
2 スターダスト・ドラゴン
1 インフェルニティ・デス・ドラゴン
1 ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン
1 ゴヨウ・ガーディアン
1 氷結界の龍 ブリューナク
1 大地の騎士 ガイアナイト
1 ヘル・ツイン・コップ
1 A・O・J カタストル
1 神海竜 ギシルノドン
1 マジカルアンドロイド
1 アームズ・エイド

サイドデッキ15枚
3 ライトロード・ハンター ライコウ
2 ヒーローズルール2
2 地割れ
1 砂塵の大竜巻
1 閃光を吸い込むマジックミラー
1 マインドクラッシュ
1 サイバー・ドラゴン
1 ツバメ返し
1 天罰
1 月の書
1 聖なるバリア-ミラーフォース


構成はほとんど日本と変わりませんね。
海外先行カードInfernity Barrierの存在が、コンボ時にかなり心強いと思われます。
賄賂+天罰だもんなぁ…(苦笑)
海外ではまだトリシューラが無い為、ワンハンドレッド・アイ・ドラゴンを経由してシンクロモンスターを展開するのがメインの戦略のようです。
…あ、前の記事でデストロイヤーが入っていると書きましたが、読み間違えでした(死)
スポンサーサイト

 
拍手する

テーマ:遊戯王OCG - ジャンル:ゲーム


この記事に対するコメント
X-セイバー多っ。
月読です。以前はマシンナーズのレシピの項でコメントを返して頂いて、ありがとうございました。
X-セイバーやけに多いですね…。海外ではX-セイバーの新しいサポートが出ているのでしょうか?たまにゲームの通信でも当たるけど、ハマらなければそんなに強いって言う印象はありませんけどね。
インフェの新しいサポート、気になります。私のブログ仲間でインフェ回してる人が居るけど、話したら飛びつくかも(笑)。
私は『chronostarの遊戯王症候群』と言うライブドアブログを細々とやってますので、良かったら遊びに来て下さいね。
【2010/06/23 00:02】 URL | 月読 #- [ 編集]

以外な所はXセイバー対策の緊急指令がなくスタローがサイドにもないことですね(黒薔薇はシンクロし難いのと自爆しやすいからかな?)
日本にもバリアきたら3積は分かるがその他がどんな構築になるか・・・(コナミの規制は硬かったり柔らかかったりと予想できないこと多いですし)
今年の制限情報は絶対ガセ情報でまた踊らされそうですしね・・・。
【2010/06/24 11:10】 URL | 古い鉄巨人 #- [ 編集]

>月読さん
本当にX-セイバーが多いですね…。
レスキューキャットでサーチできる上に手札にX-セイバーを加えられるという、獣族3レベルの、XX-Saber Darksoulが出てしまったのが一番の問題なのです。
来日は来年だと思われますので、日本ではこの状況が見れないのが寂しいようなホッとしたような…(汗)
Infernity Barrierも同様ですので、ご友人に離されてもあまり嬉しくないかもしれませんよ(汗)

>古い鉄巨人さん
X-セイバーに限らず、サイドデッキに特定のデッキへの明確な対策カードが少ないですよね。
1キルできたら勝ち、くらいの感じなのでしょうか?(汗)
【2010/06/24 15:02】 URL | 荒井 熊吉 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kumaorika.blog39.fc2.com/tb.php/874-4e12c0fd



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。